FAXでのお見積もりはこちら

大阪の不用品処分・回収・買取りならゲンキサービスへ!
大阪(茨木市,高槻市,摂津市,守口市強化中!)・兵庫・京都など近畿一円の不要品回収や処分はお任せ下さい!

大阪の不用品処分・回収のゲンキサービス

よくあるご質問 Q&A

費用・料金などについて

不用品出張買取・回収の見積りに費用はかかりますか?
いいえ、お見積もりは無料です。ご安心下さい。
もちろん、出張してのお見積もりも交通費等一切頂きません。
回収に来た時に、事前見積もりから料金が変わることってありますか?
いいえ、原則お見積もり以外の料金が発生する事はありません。
ただし、お見積もり時の状況と、回収作業時の状況が余りにも違う場合(品物の量がかなり増えた場合など)はその限りではありません。
他社と料金面で検討しています。ご相談させて頂くことは可能でしょうか?
はい、もちろんご相談下さい。
サービスはもちろん、価格についても、限界まで挑戦いたします。
是非ご相談ください!
自分で整理したいのですが、ゴミ袋・ダンボール箱は事前に頂けるのですか?
はい、ゴミ袋・ダンボール箱は無料でお持ち致します。
ただし、処分の際、中身を確認しなければいけませんので、封はしないで下さい。
古いリサイクル家電の処理費用はおいくらですか?
料金の目安として、
テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)は3,000円(税別)から。
冷蔵、冷凍庫は5,000円(税別)から。
洗濯機、衣類乾燥機は3,000円(税別)から、
エアコン(室外機・室内機)は3,000円(税別)からとなります。

※当社は中古リサイクル家電を大阪方式リサイクル工場にてリサイクルしております。

不用品、回収物について

回収・引き取り・買取りできないものはありますか?
液体のものや、生き物、アスベスト(石綿)など、一部お引取りできないものもございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。
大量なゴミも処分してくれますか?
はい、もちろんどんな量のゴミでも回収・お引取りが可能です。
トラックはどの程度積めるのですか?
弊社所有のトラックとその容量の目安は下記ご覧下さい。
軽トラック 2t 標準ボディ 2t ワイドロング

幅 :1.35m
長さ:1.9m
高さ:1.5m 
容積:約3m3

幅 :1.77m  
長さ:3.1m
高さ:2.03m 
容積:約11m3

幅 :2m  
長さ:4.5m
高さ:2.13m 
容積:約19m3
無料でも良いので引き取ってもらいたいものがあるのですが。
はい、もちろん可能です。
価値のあるものは買取りも可能です。
箱や付属品がなくても買い取りしてくれるの?
はい、品物によりますが、買取り可能です。
付属品等はあった方が価値はあがりますので、ご連絡頂く段階である箱や付属品はできるだけ捨てないようにお願いします。
買い取って欲しい商品が1~2点なのですが、出張買取は可能ですか?
もちろん可能です。
お見積もり・お問い合わせの段階でその旨お伝え下さい。

サービスについて

土・日・祝祭日でも来て頂けますか?
はい、土・日・祝祭日も出張お見積もり、買取り、回収は可能です。
お気軽にご連絡下さい。
急いでいるので早く来て欲しいのですが?
状況、エリアによりますが、出来る限りお客様のご都合に合わせてお伺いいたします。
お急ぎの場合でも是非ご相談下さい。
出張買取の日は指定できますか?
もちろんご指定可能です。
お客様のご都合を最優先にさせて頂きます。
持ち込み買取依頼の際に必要な書類等はありますか?
お持ち込みの際は、身分を証明できるもの(運転免許証や健康保険証など)をご提示頂く必要がございます。
・どこまで来てくれますか?
出張可能なエリアは以下になります。
下記以外でも状況により対応可能な場合もございますので、是非ご相談下さい。

大阪府全域
大阪市全域 (旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・西区・ 浪速区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・平野区・福島区・ 港区・都島区・淀川区) 池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・島本町・ 吹田市・摂津市・ 大東市・高槻市・田尻町・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市
兵庫県
神戸市全域 (東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区) 尼崎市・西宮市・ 芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・川辺郡猪名川町
京都府
京都市全域 (北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区) 向日市、長岡京市、宇治市、八幡市、城陽市、京田辺市

遺品整理について

遺品整理を手伝えないのですが、立ち会うことは可能ですか?
はい。思い出の品々のご確認をお願い致します。
もし立ち会えない場合でも、私共が「これは?」と思われる品物に関しては、後ほどご確認いただく為に残しておくようにしております。